2011年2月の試合結果・活動レポート

2月12日(土) 豊中市民大会 vs豊中市立第十一中学校 0-0(PK3-4)●

【コメント】
試合前日は雪の影響で活動が行えず、調整が出来ないまま当日を迎えることとなりました。
当日の選手達は体調は万全ですが、ウォーミングアップ時には少し体が重たそうな印象を受けました。
前半は相手の左サイドの選手のドリブルに対応できず、深くまで攻め込まれる場面が多くピンチの多い展開ながらも、こちらも細かいパスから相手の裏を狙いチャンスを作ります。
前半を終了して0-0と予想通り一進一退の好ゲームとなりました。しかし、チャンスは作るものの、シュートが1本だけという結果でした。 
後半に向けて、シュート、DFの対応、サイドバックの攻撃参加をテーマにあげました。
開始早々ビッグチャンスを迎えますが相手キーパーに阻まれ得点ならず・・・。
試合中盤以降に両チーム足が止まってくる時間に相手FWに快速の選手が投入されました。
投入直後こそ決定機を作られますが、集中しているDF陣はすぐさま対応し、相手に仕事をさせません。
後半ロスタイム、一本のスルーパスがサイドハーフの選手に通ります、ドリブルで一人かわし、中の選手へパスをつなぐとキーパーと1対1、ですがグラウンドに足をとられこれを外してしまいます。
そしてそのまま試合終了・・・TAJIKA CUPに引き続きPK戦での決着となりました。
結果はまたしても惜敗。
しかし両チームともに本当に素晴らしい戦いを見せてくれました。試合後の握手、両チームが両チーム保護者へ挨拶する姿、それに拍手をする保護者の方々、そして選手の涙。
この豊中市民大会優勝はできませんでした。しかしこの3位という結果がこの先よい経験になると思います。
良い経験になることもひとりひとりの気持ち次第です。この悔しさ、涙を絶対に忘れずにこの先サッカーに取り組みましょう。
朝早くから応援に駆けつけて下さいました保護者の皆様、熱い熱い声援本当にありがとうございました。

2月6日(日) TR-M vs長野FC 30分×6本

【コメント】
いつもの25分ハーフのゲームと違い、30分を間なく行いました。
体力的に厳しい中で、相手ビルドアップ時の守り方、奪い所をテーマに取り組みました。
中盤より前の選手もハードワークをして、アプローチ、コースの限定、マークのポジショニングを意識して行い、ボールをより高い位置で奪うシーンが何度も見られました。
奪った後の切り替えが早く、サイドバック・ボランチの攻撃参加もあり、非常に分厚い攻撃が出来ました。
攻守で試合を支配する時間は多々ありましたが、一瞬頭が休み、考えが止まった時に、隙を突かれることもあります。
キックオフの笛からタイムアップの笛まで、常に頭をフル回転させ、考えを持てるようにしましょう。
また、来週2月12日(土)は市民大会の準決勝です。
万全の体調で臨むためにも、しっかりと体調管理を行い、ベストコンディションに持っていけるように、生活面でもよい準備をするようにしましょう。

2月5日(土) TR-M vs大阪市S.S2010 1-0○
2月5日(土) TR-M vs大阪市S.S2010 2-1○

【コメント】
昨日までの寒さが一段落といったような暖かい日差しの中、J-Green堺にて大阪市S.S2001との試合を行いました。
1試合目は相手FWのするどい動き出しにDF陣が翻弄され開始早々は相手にペースを掴まれます。
しかし、徐々に相手のペースにも慣れ、相手の前でボールを奪えるようになり、ボールを保持できるようになると、カウンターから得点。
その後も一進一退の攻防が続きますが、失点もなく勝利をおさめました。
2試合目は先ほどの試合より運動量を増やし、攻守において相手より走るをテーマに取り組みました。
頭では分かっていてもなかなかすぐにできない、付け加えて1つのテーマを意識して取り組むと以前の取り組みが出来なくなるという課題も見えてきました。
しっかり意識することは意識する、それが無意識に出来るように、日々の活動から常に高い意識で取り組むようにしましょう。

1月30日(日) 豊中市民大会予選A組 vs豊中12中 2-1○ 
1月30日(日) 豊中市民大会予選A組a vs豊中1中  2-1○

【コメント】
vs豊中12中
寒波の影響で風が吹くと猛烈な寒さの中で予選リーグ残り2節が行われました。
第1節を5-0と大勝し、勢いに乗っていることと、相手は、戦前から強豪とされているチームとの対戦ともあり、自然とモチベーションも上がります。
2節目の相手は、3年生中心に今大会に参加している豊中12中学校でした。
体格も一回り大きく、身体能力も高い相手に対して、守備面では、出どころと出しどころをしっかりとケアしながら非常に良い守備が出来ました。
攻撃面では、相手の高いラインの裏を1人2人と飛び出す動きが見られ、弾かれたボールは中盤の選手がしっかりと拾うというように、分厚い波状攻撃ができ、終始自分達のペースで試合を進め、結果2-1と勝利で飾ることが出来ました。

vs豊中1中
引き分け以上で準決勝進出がかかる大一番、今までの勝利を忘れ、頭をリセットして臨みました。
前半開始早々に立ち上がりの悪さを露呈するように、失点を喫してしまいます。
しかし、ここで下を向かなかったのが成長です。どんどん前へ向かう姿勢が功を奏し、PKで2点を奪取。 逆転に成功したあとは、がっぷり四つの攻防でしたが、粘り強いDFや中盤での激しいDFなど守備面での良い場面が目立ちました。
攻撃に関しては、中盤の受け方、タイミング、決定力などに引き続き改善は必要ですが、なんとか勝利をもぎ取ることが出来ました。
準決勝まではまだ改善の余地はあります。
しっかり修正し、決勝に駒を進めれるように良い準備をして臨むようにしましょう。

尚、準決勝は2月12日(土)に豊中市立第八中学校にて9:30キックオフで行われます。
もしご都合が合えば、足を運んでいただき、熱いご声援を宜しくお願い致します。