2011年5月の試合結果・活動レポート

5月15日(日) アドバンスリーグ 第一節 vsFC香里 1●6

いよいよ迎えたアドバンスリーグ!!第一節の相手はFC香里でした。
集合した選手の様子を見ると、明らかにいつもより顔が強張り、口数も少ない印象でした。
W-upを終え、公式戦ユニフォームに袖を通すと、一層緊張感が高まります。
試合前のミーティングでは、

守備面→『中盤の守備意識・ポジショニング』『裏への対応』
攻撃面→『Topの裏』『サイドバックの攻撃参加』
全体→→『切り替え』

を選手達に伝えました。
Kick Offと同時に相手の縦に早い攻撃に慌ててしまい、ボールを奪っては失うを繰り返し、中々自分達のサッカーができませんでした。
前半は相手のミドルシュートで先制されると、セットプレーから3点を奪われ、0-4で折り返します。
前半を戦いベンチに戻ってきた選手達は下を向いている様子。

守備面→『逆サイドの背後』『アンカーのポジショニング』
攻撃面→『中盤の関わり』
全体→→『落ち着いてプレーする

を後半の修正点とし、『落ち着いてプレーする』が最も重要かと思いました。
後半開始早々にDFラインの裏へ鋭いパスが通り、更に追加点を奪われてしまいます。
しかし、ここで諦めないのがFC Rioです。
選手を攻撃的に配置し、得点を狙いに行きます。
その考えが実り、裏へ抜け出した日高選手がGKと1体1になりますが、これを冷静に流し込み1点を奪います。
これを機に更に得点を奪いたいところでしたが、相手選手もこの失点に再び集中力を取り戻し、追加点を奪われました。
試合はこのままTime Up!!
FC Rioのリーグ初戦は1-6での敗戦スタートとなりました。
どんな状況でも焦らず、落ち着いてプレーする精神面の準備が必要です。
次節は改善し、良い入り方が出来るようにしましょう。

応援に駆けつけて下さいました保護者の皆様、熱い応援本当にありがとうございました。
リーグ戦はまだまだ続きますので、今後とも応援の程、宜しくお願い致します。