2012年7月の試合結果・活動レポート

Summer Challenge Cup 2012

2012年7月24日

2012年7月14日(土)~16日(月祝)で【Summer Challenge Cup 2012】に参加しました。
今回のキャンプは夏のリーグ戦に向けて、『守り方の共有(声の質)』、『カウンター攻撃』、『運動量』を テーマに取り組みました。
初日のカップ戦第一試合(vs amic)から意識高く取り組み、格上相手に引き分けるなど素晴らしい戦いを見せてくれました。
しかし、非常に蒸し暑く、厳しい環境の中でチームの為に走れる選手が少なく感じました。
「走れない選手は何もできない、戦えない」
この話を2日目にし、迎えた最終日。体の疲れが有るのは勿論解ってる。でもそれは相手チームも同じこと。
それでも「勝ちたい」なら相手よりも走らないと、「負けたくない」ならチームの為に動けなくなるまで頑張らないと。
戦っているみんなが一番感じていたことだとは思いますが、トーナメント1回戦(vs FC松阪)は本当に酷かった。
全てに対して集中出来ていませんでした。
切り替えて臨んだ最終戦(vs リベルタ大阪FC)、今までとは全くの別のチームのような内容でした。
全員が「勝ちたい・負けたくない」気持ちを全面に押し出し、雰囲気の良い試合の中で、しっかりと『守備の共有』が出来ており、チームの為にしっかりと走れていました。
結果、セットプレーで2失点を喫し負けはしましたが、コーチも感激するほどの戦いでした。
みんなの試合後の【涙】が全てを物語っていました。
その気持ちがあればみんなはもっと強くなれる。もっと巧くなれる。
今回の「悔し涙」を絶対に忘れてはいけません。
更なる高みへチーム一丸となって頑張りましょう。

【宿舎での話 】
3年生の取り組み方が素晴らしかったです。
全て自分達で判断し、行動出来るあたりはさすがでした。しかし、1・2年生はどうでしたか?
3年生に頼りっきりになっていませんでしたか?
1、2年生は生活面でも意識高く取り組み、これからのFC Rioをしっかりと引っ張っていけるように頑張りましょう。

夏のキャンプは終了しましたが、リーグ戦はまだまだ続きます。
アドバンスリーグの勝利に向けて、チーム全員が「勝ちたい・負けたくない」気持ちをプレーにぶつけ、勝利の為に意識高く取り組みましょう!

保護者の皆様、朝早くからのお弁当作りや送迎、汗臭いユニフォームの洗濯、遠方にも関わらず応援に駆けつけて下さいまして、本当に有難うございました。
今後も熱い声援宜しくお願い致します。

《試合結果》
☆予選リーグ☆
vs amic 1△1 得点:堂園
vs F.C GOLAZO 0●6
vs RESC 1●9 得点:滝沢
vs COSPA 0●7

☆チャレンジトーナメント☆
vs FC松阪 0●13
vs リベルタ大阪FC 0●2

☆優秀選手☆
三浦直也選手